2015年02月21日

真冬の秩父武甲山はどんな顔?快晴の週末、武甲山山頂は白銀の世界?

今日は土曜日、久々の快晴となった。
ついつい運動不足の体が我慢できずに早朝電車に飛び乗り、西武秩父線横瀬駅に降りていた。
さて駅を降りたもののどうしようか。
目的は、秩父の武甲山頂上へアタックのつもりだった。
春は芝桜を見物するために登ったことがあるが、真冬の山頂アタックは無い。
いろいろ考えても何も答えは出ない。
いつの間にか線路沿いの道路を武甲山に向かって歩いていた。
約1時間半歩くと武甲山表参道の鳥居のある登山口にたどり着いた。
登山口の駐車場は、すでにいっぱいである。
と言うことで、登ることが出来そうだから行ってみることに決定。
駅から登頂アタックを狙った人は、本日5〜6人見かけた。
さて一体山頂まで何分で行けるのか、そして山頂はどうなっているのか?
僕の場合、登頂に3時間かかりました。だってだって雪道ですからね。
上りはトレッキングシューズで登りきったものの下りはアイゼンを着けましたね。
だから2時間で登山口へ戻れました。
参考ですが、僕は一般的に山頂へ到着する時刻は、11時頃を目安にしております。
なぜなら山の天気は、昼頃から悪天候になることが多いからです。
そして冬山は、雪があると思ってお出かけください。
アイゼンやストックは念のため持っていったほうが良いですね。(写真は僕流アイゼン)
それから完全防寒スタイルで行ってください。
もう一つ忘れてはいけないことがありました。
山頂のトイレは、冬は閉鎖していて使えません。
女性の方は、考えておいてくださいね。
では写真で今日の雰囲気を味わってください。P2210150.JPGP2210155.JPGP2210107.JPGP2210141.JPGP2210132.JPGP2210129.JPGP2210087.JPGP2210071.JPG
P2210205.JPGP2210206.JPGP2210185.JPGP2210218.JPGP2210228.JPGP2210226.JPGP2210232.JPGP2210238.JPGP2210293.JPG






日常の軽登山であれば、6爪あれば充分です。
緊急用なら2爪でも良いかな。
検索キーワード「アイゼン」ですよ。

























posted by 情報灯台 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康情報灯台日記